拡大構造体処理もHRPTV5Cの特徴であり、ある意味奇異な操作と感じられるかも知れません。この過程がデータベースを構築しない非蓄積系ソフトであるHRPTV5Cに最高の予想能力を与えている事になります。以下の画面がこの操作の完了状態を示しています。

拡大構造体処理

④ 前日固定とは文字通りレース予想情報を前日の状態に固定するものです。HRPTV5Cでは後述するようにレース当日の馬体重あるいは天候・馬場状態を速報情報も取得可能ですが、敢えて速報情報に変更して再予想は行いません。理由はちょっと難しいのですが、数学的な問題では無く”競馬観”に関する事です。詳しくは”記号の誤差 真の競走馬の能力とは?”を参考にして下さい。

⑤ 計算は約1時間かかる過程ですが、HRPTV5Cに高精度の予想能力を与える非常重要なものです。我慢してお持ちください。


ジオターゲティング